ピーリング後の保湿も大事かな

お肌の潤いの為、一体何が自分の肌に必要でどのように補えば良いのか。きちんと理解している人は少ないと思う。各言う自分自身もその一人だ。コラーゲンやヒアルロン酸、セラミド、天然保湿因子・・・よく聞く保湿成分はそれぞれタイプが違うらしい。一番水分保持力が高いのは『水分を挟み込むタイプ』の成分のようだ。このタイプは水をサンドイッチ状に挟み込んで、しっかりキープする性質があるという。代表的な成分はセラミド。その水分保持力は最強だと言われている。角層の水分保持成分の中の8割を占めるのがセラミドなどの角質細胞間脂質であるが、セラミドは角質細胞間脂質の中でも約4割を占める成分でもあるらしい。水分を強力にはさみこんでキープする特性はもちろん、湿度や温度が下がっても水分をキープできる最強の保湿物質という。ほかにも同じように水をはさみ込むの細胞間脂質のでスフィンゴ脂質(スフィンゴリピッド)、ステアリン酸コレステロールというのもあるが、保湿力はセラミドよりも弱いらしい。そして『水分を抱え込むタイプ』の保湿成分では、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチン、ヘパリン類似物資などが代表選手である。真皮にもともとある成分などがよく使われるが、これらを肌に使っても真皮まで吸収されることはなく、角質内保湿として働くという。湿度が下がっても水分を抱え込んだままキープしてくれるので、スキンケアアイテムのほか、ボディケアアイテムやハンドクリームにもよく配合されているという。もう一つが『水分をつかむタイプ』の保湿成分で、天然保湿因子(NMF)、PG(プロピレングリコール)、グリセリン、1.3BG(ブチレングリコール)などがある。これらは水分を吸湿する性質があるが、冬場など湿度が低いときには保湿力が下がってしまうという。保湿成分にはそれぞれ水分のキープ方法が違うので、肌の状態に合わせて使い分けるのが良いようだ。・・・とは言っても、素人には上手に使い分けるということ自体、難しいように思うのだが(^^;
ニキビケアとピーリングのところでも書いたかもしれんけど、一概に何をすれば解決ってものもでもありませんから、もっと毎日の生活を見直してみたい。まあそれができてたらこんなことにはなってないかもしれんけどね。

保湿を意識しようかな

今まで保湿って全然意識してませんでした。何でもいいので、気にいったコスメを使ってればそれでいいって思ってましたから。ニキビができたら、適当にニキビに良さそうなのをつけてそれでおしまいってな感じでした。夏になると肌も痛みやすそうだし、もっと考えないとね。

ページトップへ